札幌市の足の爪切、出張爪切り【フットケアたかはし】
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 未分類

未分類

巻き爪になりやすい体質は。

巻き爪になりやすい体質的なものとして、爪が柔らかい人は比較的巻き爪になりやすいです。爪が柔らかい人は衝撃や圧に弱いので巻き爪になりやすいと言われてます。また、靴のサイズも小さすぎると周りの肉に押されてしまうのでさらに巻き …

巻き爪を放っておくと。

巻き爪や陥入爪になると、痛みを庇うために歩行バランスが悪くなり、転びやすくなります。転びやすくなったり、歩行の度腰や背中などに負担がかかり、短時間でも歩く事が困難になってしまいます。ですから、爪のケアはとても大切なのです …

男性よりも女性。

若い人の場合、男性よりも女性の方が巻き爪になりやすい傾向にあります。 何故かと言えば、靴が関係しているからです。 特にパンプス、バレエシューズ、等先のとがって狭い靴を履く方が巻き爪になりやすく、ハイヒールの場合も爪先に負 …

巻き爪矯正後は。

巻き爪矯正後は、歩き方を見直したり、地面に指がしっかりついてるか動かせるか、足首などの歪を調整することにより、再発防止にもなります。即ち巻き爪になった原因を改善しなければ器具を外してしまうと再発してしまう確率が高くなりま …

厚くなった爪は削り、適度な薄さを保ちましょう。

加齢すると、足の爪は厚くなってきます。爪の伸びが遅くなりがちでも、爪はどんどん生産されて行くからです。爪が厚くなると歩行などによる下からの圧力を受けづらくなるので、巻き爪になりやすい等の原因になるのです。各医療機関、フッ …

親指の爪が巻きやすいのは。

巻き爪は親指に多いのです。それは指先の爪の土台となる骨が先細りの形状をしているからです、親指は他の爪より、骨に対して幅が広いので、骨で支えられていない両端が湾曲しやすくなるからです。勿論間違った靴選び、歩き方などの悪条件 …

爪の切り方はスクエアカット、深爪はしない。

深爪をすると陥入爪になりやすいのです、長さは爪の先端が指の先端と同じ位かやや伸ばした程度。爪の両端は丸くせず角を軽く削る程度で良いでしょう。最後に切った部分を軽くヤスリをかけた方が良いでしょう。

巻いた爪を短く切ってしまうと。

巻き爪は、先端になるほど湾曲がキツくかる性質があるため、巻いている形をなくそうとして爪を短く切ると、爪が皮膚に食い込んで、陥入爪を引き起こす事があります。逆に伸ばしすぎると靴の中で爪先が当たり爪へのストレスになります。

靴はかかとの高さが重要です。

かかとのない靴、極端にかかとの高い靴は足にはあまり良くありません。例えば「スリッポン」ソールが薄いと、疲れやすく、擦れてたこや魚の目ができやすい。かかとが薄いと足が固定されないので負担がかかります。「ハイヒール」ヒールの …

足のアーチを支える靴の選び方。

足に不調のある人は、痛みをやわらげるために、自分の足のサイズに合わない大き目の靴を履き、よりアーチを退化させているケースが多いです。「足のサイズはむくみや骨格の歪めで、左右の足の大きさも違う事もあるので、必ずお店でサイズ …

« 1 4 5 6 »

カテゴリー

札幌爪切りサービス

〒003‐0001

札幌市白石区東札幌3条5丁目2‐1

TEL070-6607-9712(女性専用)

PAGETOP
Copyright © 札幌爪切りサービス All Rights Reserved.